水の如く生きる

ワタクシ、昨日の土曜日は1日お休みをもらって出かけておりました。松永の洋服屋ヨメみちよです。

さて、どこへ行っていたかと言いますと、松永から車で約30分、府中市の知る人ぞ知るパワースッポット的存在「常福寺」さんです。

常福寺(広島県府中市)

不思議ないわれのある観音様がいらっしゃるお寺で、去年一度訪れているのですが、今回は講演会?トークショー?への参加のためやってきました。
この「水の如く生きる」という講演会は、長谷川彰子先生の不思議でいて真理なお話を聴く会です。過去何度か参加しているのですが、お話もさることながら、先生のなんともいえないチャーミングさにハマる人続出中のスゴい講演会です。

誘導係なう!

結構な雨でした。でもそういう日には、成仏できずこの世に残っていらっしゃる方々が天へ上がっていくことがあるのだそうです。そんなお話から講演は始まりました。そう、長谷川先生は「スピリチュアル」を生業とされている方なんです。
「今日は空海さんのお誕生日だから、この前みたいにお弟子さんだった方々がお集まりなのかと思ったら、どうも今日の皆さんは戦国時代の武士だった方々ね」
4月に私も行った高野山のメンバーは、過去世で「空海の弟子」として高野山で修行をした後下山し、日本各地で自分の道を歩んだ人々で、今回のメンバーは戦国時代に武将・武士として戦をしていた人々なのだとか。
不思議ですよね。でも、果たしてそれが本当か本当じゃないかということは私にはあまり重要ではなく、集まるべき人々が集まるべきところへ集まるというお話に大きく頷きました。誰かが意図して人を「集める」のではなく、「集まる」という現象は、お店でやってるイベントでもあります。「あー、集まるべき人が集まったなー!」って心から思う時ありますもん。

今回の講演はもう1人、常福寺のご住職もお話をされました。全くお寺とは縁もゆかりもなかった青年が今に至るお話をダイジェストでうかがいました(相当波乱万丈な半生らしいです)
「自分の中の違和感(あるいは直感)に正直になること。それに従い徹底的に行動すること。そして何事かは、継続の上に成る」これはご自身の体験からのお言葉なので説得力に満ちています。驚いたのは、私の憧れるビジネスコンサルタントの先生や尊敬するSNSの神からも同じことを聞いていて、業界が違おうと真理は真理なんだと再確認しました。本当に、やっただけしか結果は出ないんですよね。

「スピリチュアル」とか「宗教」とか、以前はちょっと敬遠していたフシもあったんですが(壺とかお札とか売りつけられたらコワイし)ちゃんとした人(この表現も変だけど)のお話は全然ふんわりした実態のないものではなくて、生きていく上で、仕事をする上での必要なことが詰まっているということが分かりました。本当に、何にしても「誰の情報を信じるか」だなあ・・と。

マリア観音と噂の観音様

出会うべくして出会った皆さんと、とても居心地の良い時間を過ごし、何だか水のようにしなやかに強く生きていけそうな気がしました。


The following two tabs change content below.

下宮 美智代

1973年10月10日生まれ。 広島県福山市、松永の洋服屋「下宮敏商店」の3代目ヨメです。 洋服屋のヨメですが着物も好きだったり、お店の中に本を並べて「みちよ文庫」を作ってみたり。楽しいことを求めて東奔西走。 きれいなものとお酒が大好き。 5歳の娘がいます。