遊びながら学ぼう

気がつけば9月も半ば、
そろそろ伝票整理をしとかないと
月末に泣くな~と、
思いつつも放置している
松永の洋服屋3代目ヨメみちよです。
経理はちょっと苦手。
というか、
結婚するまでしたことなかったです(泣)

だんぜん私より数字に強そうな
3代目カズノリ氏が
いつのまにがCDを買っていました。

CDが届きました
CDが届きました

Eテレの子供向け番組内で歌われている歌を収めた
CDです。
カズノリ氏、毎朝娘(2才)とEテレ見てます。
番組の名前くらいは知っていますが、
なかなか私はじっくり見ることがないので、
「買ったんだ~」
くらいの気持ちでした。
でも、よく見てみると・・・

「にほんごであそぼ」のCD
「にほんごであそぼ」のCD

見たことある詩などのタイトルが・・・

こちらも「にほんごであそぼ」
こちらも「にほんごであそぼ」

「にほんごであそぼ」という名の番組だけあって、
どうやら、日本の「名文」を歌詞にしているようです。
お!これは!?と
ひらめきました。
イマドキの「素読」では?
時代劇の寺子屋のシーンなんかで、
子供たちがよく「論語」を音読していますよね。
「子、のたまわく~・・・」みたいな。
あれが「素読」です。
当時は、幼い頃にまず、
「論語」などの四書五経と呼ばれる中国の書物を
覚えるまで音読して、
それから内容を学んだようです。

私は、この学習方法ってアリだと

思うんです。
四書五経はまあ、置いておいて、
日本の「名文」を、いくらかでも
覚えておくと、
文章のリズムや言葉の言い回しなんかが
自然に身に付くんじゃないかなーと。
色々勉強するうちに、
「あ!あれってこういうことだったのか!」って、
腑に落ちたり・・・

中学生の頃に覚えませんでした?
「つれづれなるままにひぐらし・・・」とか、
「春はあけぼの・・・」とか。
ただ読んで覚えるのは大変ですが、
歌になってれば、
遊びながら覚えられそうです。
「楽しく仕事したーい」って、
大人が言うくらいですもの。
子供だって
「楽しく学びたーい」ですよね。
なかなか子供向け番組も深いなー!

でも、今のところ娘(2才)、

あんまり興味なさそうですけど・・・


下宮敏商店

下宮美智代でした。

カラオケ行きたーい!

*************

Simomiya Tosi Shouten [ 下宮敏商店 ]
Address: 広島県福山市今津町2-2-38
Tel:084-933-2225

 

 

Fアイコン Facebook
  下宮美智代
Tアイコン Twitter
  お洒落と健康を考える洋服屋嫁*下宮美智代
iアイコン Instagram
  s_michiyo 下宮美智代

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

下宮 美智代

1973年10月10日生まれ。 広島県福山市の西部、JR松永駅近くの洋服屋「下宮敏商店」のヨメです。 洋服屋だけど着物も好きだったり、店内に本を並べて「みちよ文庫」を作ってみたり。きれいなものとお酒が大好き。7才の娘がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください