ピンク星人は環境か遺伝子か

寒い朝でしたが、
うっかり薄着で出かけてしまい。
お店に着いて急いでカイロを貼った
松永の洋服屋3代目ヨメみちよです。
春はまだ先のようですね。

女の子はピンクがお好き

 

娘(2才)ピンク星人です。

ポーズをキメるピンク星人

 

うちのお店のお客さまも、
圧倒的にピンク系の色の
洋服がお好きです。
「女の子」は「ピンク」なんだそうです。
だから、ブルーやグレーの
洋服を置いていると
「これは紳士もの?」って聞かれることもしばしば。

 

ピンク星人は環境か遺伝子か


「女の子」は、
遺伝子的に「ピンクが好き」なのか
環境によって「ピンクが好きになる」のか。
「ピンク好き」じゃない「女の子」は!?


以前、カラースクールの先生と

お話した時に、
「好きになる色は育った環境が左右する」ということを聞きました。
人は、「親が好きな色」や、
「周りにあった色」、
「子供の頃の幸せな記憶に繋がる色」を
無意識のうちに
好きになることが多いそうです。
環境がピンク星人を作るということですね。

なるほど。
例えば女の子は赤ちゃんの頃から
ピンクの洋服や小物に囲まれていることが多いから、自然とピンクを好きになるということが言えます。

ちなみに、私の好きな色は「緑」と「青」

その時々でほかに気になる色もありますが、
基本的にこの2色。
環境がこの色を選ばせたのなら、
理由は、生まれ育った山の「緑」と、
父の魚釣りによく連れていってもらった海の「青」だろうと思います。
まあ、「女の子」っぽくはないですが・・・

自分で決めたと思っている
「好きな色」も、
実は、子供の頃の生活や思い出が決めさせているかもしれない。
環境が人を作る一例ですね。


下宮敏商店

下宮美智代でした。

 

*************

Simomiya Tosi Shouten [ 下宮敏商店 ]
Address: 広島県福山市今津町2-2-38
Tel:084-933-2225

洋服屋ヨメの日常をTwitterでツイート
→→みちよ*松永の洋服屋3代目ヨメ

日々の様子をFacebookで発信
→→下宮美智代

毎日の黒板などをInstagramにアップ
→→下宮美智代(s_michiyo)

 

The following two tabs change content below.

下宮 美智代

1973年10月10日生まれ。 広島県福山市の西部、JR松永駅近くの洋服屋「下宮敏商店」のヨメです。 洋服屋だけど着物も好きだったり、店内に本を並べて「みちよ文庫」を作ってみたり。きれいなものとお酒が大好き。7才の娘がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください