より良い方法は常に変化していく

久しぶりに日曜日、店を休みにして家族3人で出かけました。今後もおそらく月に1度、日曜日を店の休みにする予定です。

以前と同じ?同じで良いの?

4月5月の緊急事態宣言下では、定休日の木曜日の他に日曜日も店を閉めていましたが、緊急事態宣言が解除されての6月からは以前と同じように日曜日は営業をしていました。
大人はそんなものだと思っていたんです。ここ2、3ヶ月がイレギュラーだったんだと。これからはまた以前のように・・と。でも娘(6)は違っていたようで、これまでの幼稚園がお休みだった期間のように土日も親と一緒に過ごしたいようでした。幼稚園がお休みの土日、娘はだいたい店にいます。親と一緒にはいるけど一緒に遊んでいるわけじゃないという感覚なんだと思います。カズノリも私も自営業者の親の元で育ったのでその感覚はよく分かります。
それなら日曜日、店を休みにする?でもうちは小中学校の制服取扱店なので、何となく日曜日に店を開けないのは良くないような気も。そこで月に1度、日曜日に店を閉めてみてお客さまの様子を見てみることにしようと考えた次第です。

日曜日どこ行こう?

まずはカフェでモーニング。

娘も一緒だとそっちに気を取られてしまって、あまりのんびりもできないし、カズノリ氏と娘が同時に話しかけてきて「ちょっと待ってー!」みたいな状況にもなるけど笑、たどたどしくもナイフとフォークを使ってワッフルを切り分けようとしたり、以前は全く手を付けなかった野菜サラダも食べられるようになっていたりする娘の姿は新鮮でした。毎日見ていても、いつまでも親の中では赤ちゃんのままで、こんな姿を見せられると急に大人びて見えて驚いちゃいます。まあもう6才ですものね。

その後、小一時間のドライブをして牧場直営のジェラート屋さんのジェラートを食べたり、そこで飼育されている馬やヤギを見たり馬に餌をあげてみたり。意外と娘、動物が好きなんです。

より良い方法は常に変化していく

日曜日、私としては仕事をしている方が正直楽です。でもこんな風に休日に子供と過ごすなんて、あともう何年かなって考えてみたら、本当は月に1日くらいじゃ足りないのかもしれないけど、まずは1日。そのために仕事のやり方を変える必要があるならそれも柔軟にやっていきたいし、その時々に、お客さまと自分達に一番合った方法を考え続けるのが我が家の働き方改革なのかなーと思った日曜日なのでした。そういうわけで、来月からも月に1度、日曜日を休みにしますが、のっぴきならないご用はご連絡ください。柔軟に対応いたします!
さて肝心の娘さんは楽しんだのかしらどうかしら??

The following two tabs change content below.

下宮 美智代

1973年10月10日生まれ。 広島県福山市、松永の洋服屋「下宮敏商店」のヨメです。 洋服屋のヨメですが着物も好きだったり、お店の中に本を並べて「みちよ文庫」を作ってみたり。楽しいことを求めて東奔西走。 きれいなものとお酒が大好き。6才の娘がいます。

最新記事 by 下宮 美智代 (全て見る)