歴史を学ぶということ

広島県福山市今津町、松永駅北口で、婦人服、紳士服や雑貨を取り扱っている、
「あなたの素敵な装いをお手伝い」
下宮敏商店 3代目ヨメみちよです。


オープンキャンパスなるものに行ってきました。
高2の姪が私の母校に行くというので
付いていっちゃいました。
面白いですね。
ミニ講義を受けたり
学食でランチしたり・・・。
遠い昔を思い出しました(笑)

ミニ講義は「始皇帝の遺言」という、
秦の始皇帝の遺言にまつわる内容でした。
(始皇帝は、中国史上初の皇帝です。詳しくコチラを)

簡単に説明すると、
前漢に記された歴史書、「史記」には、
「始皇帝は長男を次の皇帝にとの遺言書を残していたのに、
始皇帝の死後、側近たちが握りつぶし、末子を皇帝に・・・」とあり、
これが定説とされている。
それが最近発見された竹簡には、
「始皇帝は側近の進言で
末子を後継者に決めていた・・・」という記述があり、
歴史の違う一面に触れられるようになった、
という講義でした。

ちょっと衝撃的。
「史記」は絶対だと思っていました。
真実はどちらなのか?
もはや知ることはできないけれど、
これまで司馬遷「史記」の作者)の視点の歴史しか
知ることができなかったのが、
新史料の登場で
違う視点からも見られるようになり、
歴史に奥行がでた気がします。

ひとつの事象も、角度を変えて
色々な方向から見ると
違ったものに見えます。
そのいろんな方向から見た上で、
自分の考えを導き出す。
これって、今現在を生きていく上でもいえることで、

自分の考えを持つには
様々な考えを知ることが必要です。
歴史を学ぶということは、
自分の考えを持つ訓練をするということ
かもしれないな~、
なんてことを
20年?ぶりの講義室で思いました。

ちょっと今、
お勉強モードの
下宮美智代でした。

 

今日もよい日でありますように!

*************

Simomiya Tosi Shouten [ 下宮敏商店 ]
Address: 広島県福山市今津町2-2-38
Tel:084-933-2225

 

Fアイコン Facebook
  下宮美智代
Tアイコン Twitter
  お洒落と健康を考える洋服屋嫁*下宮美智代
iアイコン Instagram
  s_michiyo 下宮美智代

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

下宮 美智代

1973年10月10日生まれ。 広島県福山市の西部、JR松永駅近くの洋服屋「下宮敏商店」のヨメです。 洋服屋だけど着物も好きだったり、店内に本を並べて「みちよ文庫」を作ってみたり。きれいなものとお酒が大好き。7才の娘がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください