学ぶこと考えることの大切さ

昨日はお休みでのんびりしました。
実家に遊びに行ったら「こたつ」いう魔物が巣食っていて、退治してやろうと飛び込んだらすっかり虜になってしまっていた、松永の洋服屋3代目ヨメミチヨです。こたつ・・・恐ろしや!

バイマーヤンジンさんのお話を聞きました

 

チベットで生まれ育ち、今は日本に暮らすというバイマーヤンジンさんのお話を聞く機会がありました。ご自身の経歴やチベットでの暮らしぶり、日本で暮らしている中で日本について思うことなどを、なんともユーモアに満ちた楽しい口調でお話しされ、時折チベットの歌なども披露されたヤンジンさんに圧倒された2時間でした。
正直、「チベットの方のお話」というと、政治色が強いのかなと思っていましたが、終始和やかな楽しい雰囲気でした。それだけに、ヤンジンさんの背負うものは大きいのだろうななんて思ってみたり。

チベットというと、30年くらい前にテレビで見た風景が印象的でした。ヤクというウシ科の動物のふんを乾かして固形燃料にし、テントの中でバター茶を飲んでいる・・・。確かそんな様子でした。
この度のヤンジンさんが紹介された去年のチベットの様子という写真が、まさにそれとほとんど同じで、私の周りの30年とチベットでの30年の時の流れとは、こうも違うのかと衝撃を受けました。
昔ながらの暮らし、と言えば聞こえはいいかもしれません。子供達が教育をろくに受けることができなくても、自然と動物と暮らす牧歌的な生活を豊かと言えば、言えなくもありません。ただ教育を満足に受けることができないということが、現代社会を生きていく上でどれだけ不利益をこうむるか・・・それをヤンジンさんのご両親は実感されたために、なんとか子供には教育を受けさせたいと願われ、そして、ヤンジンさんもそれゆえにチベットに学校を作られているのだと思うと、その穏やかな口調の中にも強い意志と使命感を感じざるを得ません。ヤンジンさんのお話を聴いて、高校生などの若い人たちが強い感銘を受けるというのも頷けます。
もちろん大人の私も、学ぶこと考えることの大切さを改めて強く思った日でした。

どんな苦境にあっても、強い思いと輝く笑顔で乗り越えよう!美しい民族衣装姿のヤンジンさんから、そんなメッセージを受け取った気がしている私です。

*************

Simomiya Tosi Shouten [ 下宮敏商店 ]
Address: 広島県福山市今津町2-2-38
Tel:084-933-2225

The following two tabs change content below.

下宮 美智代

1973年10月10日生まれ。 広島県福山市の西部、JR松永駅近くの洋服屋「下宮敏商店」のヨメです。 洋服屋だけど着物も好きだったり、店内に本を並べて「みちよ文庫」を作ってみたり。きれいなものとお酒が大好き。7才の娘がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください